がん総合相談センターとは

相談光景

最近 がん の告知は普通になっていますから、自分が がん であることを知らない患者さんは殆どいなくなりました。しかし、告知はされたものの がん の病状や治療について理解や納得ができず、病気の行方に不安を感じているがん患者さんがたくさんおられます。 当センターでは、それらの方々の抱いている がん にまつわる疑問、悩み、問題など「医者に聞きにくい」 「話にくい」ことをすべて聞き、それらが解決できるように話し合い、そして納得できるよう十分に説明した上で、今後のことについて適切なアドバイスをしています。更に がん と闘う方々が安心して充実した生活が送れるように支援することを目指しています。

患者と医者の二人三脚で

医者との関わり方としてよく言われる、いわゆる“お任せ医療”で治療を受けている患者さんが多く見受けられます。その結果 、治療後に「こんな筈ではなかったが、何故こんなことに・・・」と後悔し、医者への信頼が一転して不信に変わる例があります。これは形ばかりの説明のまま、患者不参加の状態で進められる医療の弊害が生み出した結果 と言えます。 “主役は患者さんである”という基本的な観点にたって、患者さんの情報のすべてを医者と患者の双方で共有し、インフォームド・コンセント(説明と納得)のもとに医療が行なわれなければなりません。

治療の選択は主体的に

現在の がん 治療には主に手術療法、化学療法、放射線療法があります。それぞれの治療法には がん の種類によって有効性に差があり、また限界やリスクがつきまといます。どの治療法を選ぶかによって、その後の人生を左右しかねないほどの影響を受けます。がん治療にとって最も重要なのは治療法の選択です。病院や医者によって異なる方法が取られている場合がありますから、かかっている医者の奨める治療法が必ずしも最良とは限りません。後に悔いを残さないために、十分に納得してご自身の判断で治療法を決定することが重要です。

セカンド・オピニオンのたいせつさ

がん の診断や治療について、最近セカンド・オピニオン(別の医者に意見を聞く)が一般的になりつつあります。「診断は正しいのであろうか」「今行なわれようとしている治療がベストなのか」などの疑問を持ち、他の医者に直接聞いてみたいという患者さんが増えています。がんを告知されて納得できない場合には、他の医者の意見を求め、十分に納得した上で治療を受けるのは当然のことです。しかし、どの専門医に、どのように、何を求めたらよいか分からない方がたくさんおられます。それらの方々に助言することも大変大切です。